儲かる仕事ランキング!儲かるには法則がある

儲かる仕事ランキング!儲かるには法則がある

儲かる仕事を探している時に私がすごく役立ったのは本でも、他の人の体験談でもありません。はっきり言って実践に勝る経験値って何と比べても勝つことはできません。

 

 

つまり興味があるなら体をそこの空間に置かなければなりません。時間を使うところが違うのは皆が知らないかもしれない。

 

 

 

まずは数を打っていく。するとその中でどうしても気になるモノができてくるだろうし、無理なものはある種2軍みたいな感じで。

 

 

儲かる仕事ランキングも正解があって、正解がないのである。また現在の立ち位置によってできる儲かる仕事も変化するだろう。

 

 

最近よる日が落ちてから歩くことにしていますが、毎日習慣になってくるとその時間が来るのが楽しみでたまりません。
よるですから、私の家の前の車の通りが激しい通りしか歩かないことにしています。

 

私の家の周りはマラソンコースになっているのでたくさんの人が走っていますから、あまり物騒なこともないんですが万が一を考えて明るいところしか通りません。

 

歩くときに何が楽しいのかというと、最近は音楽を聴きながら音楽に合わせて歩調を進めるのが楽しくてたまりません。
たくさん歩くとのどが渇いていつもよりも水分補給ができ、何だか毎日の生活が変わってきたように思えるから不思議です。

 

運動を習慣にしていないころは眠るのが大好きでしたが、最近は昼寝することもなく夜は早めに休むことにして人間らしい生活になっていると思います。

 

慢性的に睡眠時間が少ないので、病院の先生からも言われたように少しずつ睡眠時間を延ばして体の調子を整えていきたいです。

 

毎日 40分くらい歩くと体の調子がとてもよく、無理をして1時間歩くと疲れてしまって何もできなくなるのでその人によって調節した方がいいと思いますよ。

 

 

今まで何度も仕事を辞めたいと思ってきましたが、最大の理由としては時間を失ってしまうからなのかもしれません。せっかく地球上の大きな場所に生まれてきているのに考えてみるとあまり移動もしていないし、距離的にも満足行くものではない。総合的な仕事を辞めるとは言うものの具体的なやめるまでのプランがわかなかった。

 

 

今からでも辞めてもいい。

 

 

仕事はやめてはいけないという概念が日本では強すぎる。

 

 

 

 

 

別に正社員である理由はどこにもないし、お金を稼ぎきる能力があるならどこにいたって仕事も出来るわけだ。

 

 

 

ここをおろそかにはしたくない。

 

 

 

 

夜眠れないからと言って、お酒を飲む人がいるけれどアルコールの力を借りて眠るとなかなか眠りの質が悪いです。

 

私は仕事をしているころは本当にアルコール大好きで、帰りの電車の中でトイレにこもってしまうくらい飲んでいました。

 

あのころから比べると今は、人が来ない限りはほとんどアルコールを飲むことはないのでずいぶん変わったと思います。

 

食事と一緒にビールを飲むけれど、夜眠る前のお酒は体が疲れてしまうのでほとんど飲みません。

 

夜眠る直前にアルコールをとると最初は眠れるけど夜中に何度も目が覚めてしまうことに気がつき、私としてはお勧めできないですね。

 

寝酒という言葉があるけれど、意識がなくなるくらい飲まないと寝酒にならないかな?と思っています。

 

お酒の力は枯れずに眠った方は朝まで質の良い睡眠がとれるので、睡眠時間は短い私にとってはこっちがお勧めです。

 

毎朝4:00に起きているので眠る時間が限られているけれど、眠る時間は限られているからこそどんなふうに時間を使うかいつも考えてしまいます。

 

私が大好きなのは日曜日で、朝の9:00まで寝れるのが幸せです。

 

 

今後も継続して債務整理や自己破産の詳細を調べていきたいものですね。

 

自己破産費用チェック